2016世代の半年を振り返ってみて

今年もこれから半年が終わった。不意だったというのがきまじめなニュアンスです。

こういう半年にも各種ことがあったが、何よりも思い出深く、コツだったのは生活初の外国旅立ちに行けた業者。
去年の夏にパスポートをやっと手にして、さぁどこに行こうかと本格的に考え始めたのが10月。そうして、考え始めたその日に行き先を決めて、アポイントメントを手配してしまった。その行き先はミクロネシア。
ネットで「基盤 絶景 秘境」と検索した際に、最高峰上に出てきた撮影がミクロネシアにおけるジープ島というところであった。その撮影を見た瞬間に、細かいことは心から何も考えずに「ここに行こう」って即決したのだった。
そうして、トリップに出たのが今年の2月。初めての成田空港、国際線、乗り継ぎなど、初事象に満ちていて、凄い折を暮らすことができた。島ではイルカという泳ぐこともできたし、大潤いだった。
自身はこれを機に洗いざらい離島にはまってしまった。来季の冬季は南太平洋域を一周しようかとも思っている。但しまずは、目の前に迫っている日本の夏場を全力で楽しみたい。USEDのiPhoneによって乗り換えたほうが心持ちが良い

2016世代の半年を振り返ってみて

晴耕雨読、時にはワイン?政治に対して

文章も政治所帯や選挙の事が多くて民衆はたいして政治に興味あるのかしょっちゅう疑問です。元、選挙事務所のパートをした事がある。何人も総理大臣を出している某高名政党で衆議院議院の選挙営みのお輔佐だった。とある公的機関のOB会のファイルを渡され(最近というプライバシーに関しましていまひとつ鋭くない年代)

ゼロ軒ゼロ案件文章電話をかけ「この度衆議院議院に立候補しました〇〇です。
宜しく。」といった効くパートナーの適合を〇、△、Χをつけて行く。
ますます適合が悪いと不安になって「どうしてください…」というと「もう一度メインで当選する事は決まっているからOK。
形だけの選挙動作だから」と言われて政治の世界の背後で動いているものを断然インプレッション事があった。
今どき雨量が降ったり止んだり…ふと見つけた細川元総理のウェブを見た。晴耕雨読チック身の回りを湯河原で送っているようで政治住居にこんな素敵な美術家みたいなほうがいるなんて…思わぬ察知にやる気。
わたしが選挙動作を手伝った政治住居はメインで当選した。
甚だしく大枚がかかっていて世話にきていた方々のほとんどは建設ディーラーや大手不動産ディーラーの方々で「医師が当選すると国の任務を振って受け取れる」と喜んでいた。
医師の後援会に花を取り入れる責務もやったし通常デリバリー屋からお弁当をとってもらい後援会の時はお鮨を頂いた。
4歳月近辺事務所にいて電話をかけるだけで6000円貰った。
でもやっぱりわたしは政治には興味はなかったし18年代で選挙特典があって投票にあたって賑わっているのを見るとなんていうか…果てしなく小さいインプレッションにあたってしまうのはどうしてだろう…わたしが選挙動作を手伝っていた時と同じ年代としては。
政治の状況よりも自分のこれからの功績や暮らしの状況やほしいものの事で頭の中は色々だった。
最近東京でワイン会があってその時来ていた方々のほとんどが病院で政治や総理大臣の筋道になって都知事の事も文章で騒いでいたしそれで細川さんの事が気になって検索してみた。
そんな事もなければ政治住居なんて気にならない。それにわたしは政治の筋道には反抗があって話題の5大御法度で政治、金、病気、人の悪口、世帯の自負筋道においてあまり考えないようにもしていらっしゃるぐらいである。
ですからウェブを見た段階以外でさんざっぱら華麗だったし細川さんの休息なさって生地での美術家の身の回りは物静かでありながら切り詰めきれない込めた熱い意欲のようなものを感じさせるのだった。筑波大学生オススメユニット

晴耕雨読、時にはワイン?政治に対して